CONTENTS
オシャレが楽しい アパレル関連の職種案内

アパレルの職種について

アパレルの職種にあこがれる人は多いんじゃないかと思います。特に若い人の中ではアパレル店員に憧れると言う人もいると思います。やはり、中学生くらいになると、自分で服を買いに行ったりするでしょうし、それまで親と一緒に買い物言ったりするかもしれませんし、購入する場所といったら量販店のようなところで購入していたのが、ショップで自分で店員さんとコミュニケーションをとりながら買ったりして行く中で、一番最初にあこがれるような職業になってもおかしくないんじゃないかと思います。雑誌なんかで見ると、カリスマ店員といわれるような存在もいるでしょうし、そういう人たちの中で着方や、着ている服が自分も同じように着たいと感じる人だっていると思います。基本的にアパレル店員になるには、お店でアルバイトとして働くから始まるんじゃないかと思います。実際に10代後半くらいから働いている子もいるでしょうし、早い子ですと、20代くらいで既にショップ店員の店長などの役職についている人も少なくないと思います。やはり、購入者の年齢層が同じ10代後半から20代位のお店だと、同年代の店員さんがいる事のほうが売れ行きもいいでしょうし、仕入れる服も自分たちと同じ感覚で見る事が出来るので、お店側にとってもいいんだと思います。自分も中学生くらいには服屋に行ってお店の人と話したりする上で今はやっているような服を教えてもらえる事もあったりもしましたし、色々相談にも乗ってもらったりと、ショップの店員さんというのは、ちょっとした兄貴的存在だったんじゃないかと感じています。

アパレル店員ばかりでなく、アパレル関係の職種は色々あると思います。勿論接客だけでなく服飾として人に自分が決めて作った服をお客の人に着て貰いたいと感じるというのもありかもしれません。どのような形でもアパレル関係にかかわる事が出来るので、自分にあった方法を選んだりするのもいいかもしれませんね。

注目のキーワード